無宗教のお葬式に参列・服装は?

「郷に入りては郷に従え」という言葉があるように、お葬式に参列する場合、その宗教のやり方に倣えばいいでしょう。インターネットで調べれば、宗教別のお葬式のマナーについて紹介されているはずです。しかし問題になるのは、無宗教のお葬式に呼ばれた場合です。枠にとらわれないので、逆にどういった形で参列すればいいのか困ってしまいます。特に服装をどうすればいいのか迷う人は多いかもしれません。

無宗教のお葬式では作法なども特別決まりはありません。ですから服装にも特別決まりはないのですが、亡くなった人の人生最後のイベントですから、それなりの礼をもってお見送りすべきです。やはりここは喪服を着用して参列するのが無難でしょう。しかし正装ではなく、略式の喪服でまず問題はないはずです。女性の場合、アクセサリーであまり着飾るのは好ましくないです。パールのネックレスワンポイントだけに抑えた方がいいでしょう。

一番確実なのは、亡くなったという報告のあったときに先方に確認することです。「無宗教のお葬式は何せ初めてなので…」と言えば、どんな服装を着用すればいいか教えてくれるはずです。特定の宗教にとらわれないので、数珠などは持っていかなくても問題はありません。