無宗教のお葬式も行われている

従来のお葬式の場合、何かしらの宗教に基づいたスタイルの取られることが一般的でした。しかし元来日本人は常日頃特定の宗教を信仰している人はあまりいないかもしれません。そこで宗派にこだわるのではなく、むしろ逆に宗教の要素を一切排して自由にお葬式を執り行うスタイルが受け入れられ始めています。このようなスタイルを無宗教のお葬式ということで注目されています。

芸能人が亡くなったときにお葬式は身内など身近な人だけで行って、後日「送る会」や「お別れ会」を開催することがあります。ワイドショーなどでも著名な方が亡くなったとき、お別れ会を報道することがあります。送る会が無宗教のお葬式に近いでしょう。お坊さんを呼んで読経を行う必要はないですし、お焼香なども行わなくてもいいのです。

宗教のスタイルにとらわれないということは、全くの自由ともいえます。さらに言えば、ゼロから自分たちでお葬式をどうするか決めていかないといけません。もし自分が亡くなったとき、このような無宗教の方式を希望するなら、どのような会にしてほしいか大枠だけでも家族に伝えるべきです。「宗派にとらわれなくてもいいよ」というだけでは、残された家族がどうやればいいのか困ってしまうからです。